金運・幸運が舞い込んでくる店舗体質とは

毎日いろんなものに触れて過ごしているのに、「今日はなぜかこんな話題、投稿ばかりが目に飛び込んでくる」そんなことはありませんか?
今日私がよく目にしたのは「本」についてです。

私はアマゾンなどの「あなたへのおすすめ」でレビューがよかったら買っています。
またよく読んでいるブログなどで「この本よかった!」なんてのも買っていますね。

ジャンルはビジネス書、自己啓発本が多いです。

今日は私も「最近読んでよかった本」についてご紹介してみようと思います。

 

空間心理カウンセラー伊藤勇司著
「座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取り付く部屋」

いわゆる片付け本に入るのかな、と思います。
私、本当は活字ばっかりの本って苦手なんですよ。
職業柄読まないといけないし、気になる本は買ってしまう。。。
読みかけの本はたくさんあります。笑

でもこの本は「早く続きを読みたい!」と思えるストーリー仕立てになっています。


私にしては珍しくすぐに読み終えることができました。

 

あらすじ

アパレル勤務の片付けられない主人公、幸運をもたらす座敷わらし、取りつかれると不幸になる貧乏神、というなんとも不思議なキャラクターたち。

ひょんなことから主人公は片付けを始め、幸運体質に変わっていきます。

 

座敷わらし思考(金運・幸運をもたらす考え方)

アマゾンのレビューでもありましたが、読んでいくと自分も「早く片付けて床を拭きたい!」と思うからまあ不思議。
影響されて今日、玄関の三和土(たたき)を拭きました。

その中で「これは店舗経営でも同じだ」と感じたことが書いてありました。

座敷わらし思考(金運・幸運をもたらす考え方)
①相手が得することを積極的に考える
②喜びにつながる決断をする
③直感を大切にした行動をする

そのなかで②の喜びにつながる決断をするというのが印象的でした。
そこにはこんな文がありました。

人は結果を得たい生き物ではなく、結果の先にある良い感情を得たい生き物です。例え良い結果が生まれても、そこに良い感情が付随していなければ、人は幸福感を味わうことができないのです。

私は店舗勤務をしていた時に頭では「お客さまのために」とわかっていても、「結果が全て」のような風土があったことも否めません。
販売責任者だったので、ついつい「売上!売上!」になってしまっていました。

今、お店を経営されている方も最初は「お客さまに喜んでいただきたい」という思いが大きかったと思います。
時が経つうちに「売上!売上!」「結果が大事」「売れてなんぼ」のようなと、お客さまやお取り引きさまなどへの感謝の気持ちが薄れる、そんな風になってしまっているかもしれません。

数値結果が良くてもその時だけの喜びです。
常に良い感情に付随する、喜びにつながる決断をする、というのが印象的でした。

 

まとめ

今日は片付け本でありながら、店舗経営に役立ちそうな考えをお伝えしました。

その場の得ではなく、長期的に見て事業の繁栄といえるような決断をしたいですね。

売り場づくりコンサルタント・セミナー講師 整理収納アドバイザー

20年のイオンでの店舗経験と女性目線から大阪・神戸〜姫路間の小さなお店に「見せ方による売上アップ」のコンサルティングをしています。

ブログ更新情報はツイッターでお知らせしています。Twitter→kawachienne777
メルマガ→購読お申し込みはこちら

無料メルマガにご登録ください

VMDや売り場づくりに役立つこと、マーケティングの話、プライベートなどブログでは書けない裏話など不定期に配信していきます。
お気軽にご登録ください。
購読は無料です。
※携帯アドレスでは届きません。パソコンアドレスで登録をお願いします。