店内のどこに演出(展示)を設置すると効果的か

パッと見て陳列棚ばかりのお店があります。

陳列棚ばかりのイメージ

探しているもの、欲しい商品が確実にそこにあるのなら陳列棚ばかりのお店でもお客さまは入ってこられます。
「ここに確実にある」のがわかる、常連さんであるのなら構わないのです。

 

しかし、“陳列什器のみ”で“演出(展示)がない”お店は間違いではないけれど、なんだか味気ないですね。

女性であれば買い物に楽しみを求める方が多いのではないでしょうか?同じものを買うのでも「(使うイメージをしながら)いい気分で買った」ほうがいいですよね!

 

演出をしない理由

“うちの店は狭いから”
“展示する什器がない”
“どこに展示していいかわからない”

 

しかし、どんなに小さなお店でも演出をして売り場にメリハリをつけましょう。
お店の見た目がグッと引き締まります。
そして、店内に入ってもらうだけでなく、店内をぐるっと見てもらえる回遊性を高める効果が期待できます。

 

演出はどこにするのか?

こんな店舗があったとします。

この店舗レイアウトの場合、演出はこのようにします。

 

 

演出をする場所は

・通路の突き当たり
・什器のエンド(両サイド)

です。

ここに魅力的な演出があると「何があるのかな?」と近づいて見たくなります。

 

回遊性を高める演出

回遊性とは店内をくまなく見てもらい滞在時間を長くする働きを指します。
滞在時間が長くなると買い上げが多くなります。

先ほどの店舗がカバンや服飾専門店とします。
その場合このようにします。

ファサード(入口付近)にVPであるマネキンを置きます。
マネキンには売りたいバッグを持たせます。

そのマネキンをご覧になるお客さまは店内に入ってみたいと思います。

すぐわかる目立つ位置にそのバッグがあるといいですね。
この場合、パッと見てわかりやすい店内奥にPPを設置します。
そのすぐ下に色違い、サイズ違いなどを並べIPを設置します。

他にもあるかな?と店内を見たくなります。
すると回遊性が高くなります。

これが陳列棚のみのお店だとどうでしょうか?
ここまで店内奥にお客さまを引き込むのは難しいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

演出をする場所は

・通路の突き当たり
・什器のエンド(両サイド)

です。

もっと効果的にお客さまを店内奥に引き込むには店内入口など、お客さまの目につくところに使うシーンなどがイメージできるVPを設置することです。

お客さまの目線で演出、VPを設置しましょう。