VMDとは?

VMDとはVisualMarchandisingヴィジュアルマーチャンダイジングの略で直訳すると、視覚的販売戦略のことです。

VMDはディスプレイやマネキンの装飾のことと思われがちです。
ですが、それらを含めた視覚に訴えながら行う購買活動のことです。

ですからディスプレイそのものではありません。
小売業でお店の前を歩いていて「何かな?」と、パッと目が止まり、「ちょっと見てみよう。」とお店に入り、「もっと見たいな。」と思わせる、そして「これ欲しいな。」から購入に至るまでの一連の流れを視覚に訴えて行う活動がVMDがです。

お客さまにとって見やすく、買いやすい売り場にすることが良いVMDと言える判断基準になります。

VMDの手法

VMDははVP、PP、IPという、役割の違う3つ手法があります。順番に説明します。

VPとは

VP(VisualPresentation)は、ヴィジュアルプレゼンテーションといい、見せ場です。

VPはそのお店の核となるディスプレイの場合が多いです。ショーウインドウのディスプレイはまさにVPです。

そのディスプレイを見て、お店のブランドイメージ、雰囲気、年代、テイストをお客さまは判断します。

VPを見て、「このお店は私の年代じゃないわね!」「派手だわね!」とお店に入るか、素通りするかを決めます。

なのでVPは一番重要な要素となってきます。

PPとは

PP(PointPresentation)ポイントプレゼンテーションといい、導入の場です。

お店の売りたい商品や核となる商品を棚の上のマネキンや、柱に演出しているものがそうといえます。

お客さまがお店に入られたら、「どんな商品があるのかしら?」と商品に誘導する役割があります。

IPとは

IP(ItemPresentation)アイテムプレゼンテーションのことで、商品を決定する場です。

つまり陳列です。

PPは商品そのものが演出になります。

いかがでしたか?

まとめ

・VMDには3つの手法を使って売り場を作りましょう

・3つに手法とはVP、PP、IPである

ということをお伝えいたしました。

これを読むと、あなたが見てきたほとんどのお店がそういえばそういう演出だったな、と感じるかもしれません。

しかし、よく見れば、お店の入り口にマネキンによるディスプレイ(VP)はあるけれど、あとはお洋服をハンガーでラックにかけて陳列(IP)というお店もあります。

PPはどこ〜〜〜?ですよね。こんなお店は倉庫です。

というようにVMDの知識を知れば知るほど、小売業にお勤めのあなたは、お店を見たり、自分で売り場を作るのが楽しくなります!

そしてそれは必ず売り上げにつながります。

売り場づくりコンサルタント・セミナー講師 整理収納アドバイザー

20年のイオンでの店舗経験と女性目線から大阪・神戸〜姫路間の小さなお店に「見せ方による売上アップ」のコンサルティングをしています。

ブログ更新情報はツイッターでお知らせしています。Twitter→kawachienne777
メルマガ→購読お申し込みはこちら

無料メルマガにご登録ください

VMDや売り場づくりに役立つこと、マーケティングの話、プライベートなどブログでは書けない裏話など不定期に配信していきます。
お気軽にご登録ください。
購読は無料です。
※携帯アドレスでは届きません。パソコンアドレスで登録をお願いします。