陳列はスペースを味方につける

商品陳列のポイントは3つです。

  1. 商品テーマがわかりやすい
  2. 商品が比較しやすい
  3. 商品が選びやすい

お店のコンセプトやどんな商品かがわかりやすい、選びやすく買いやすいのがよいお店です。

陳列のほんの一工夫で見え方、選びやすさは変わる

例えばこんな陳列があったとします。

一見、商品も分類されわかりやすく見えます。

しかし、これをもっと選びやすく買いやすくする方法があります。

それは「スペースをとる」という方法です。

先ほどの図と比べていかがですか?
区別されて取りやすくなると思いませんか?

 

仕切りとスペースの違い

仕切りで仕切ってもよいですが、お客さま目線で見てみましょう。
どこが商品と商品の区切りかわかりやすいですか?
選びやすいですか?
取りやすいですか?
買いやすいですか?

陳列にスペースを味方につけると陳列にメリハリができ選びやすくなりますよ。

売り場づくりコンサルタント・セミナー講師 整理収納アドバイザー

20年のイオンでの店舗経験と女性目線から大阪・神戸〜姫路間の小さなお店に「見せ方による売上アップ」のコンサルティングをしています。

ブログ更新情報はツイッターでお知らせしています。Twitter→kawachienne777
メルマガ→購読お申し込みはこちら

無料メルマガにご登録ください

VMDや売り場づくりに役立つこと、マーケティングの話、プライベートなどブログでは書けない裏話など不定期に配信していきます。
お気軽にご登録ください。
購読は無料です。
※携帯アドレスでは届きません。パソコンアドレスで登録をお願いします。