アウターが1枚売れるマネキンのこんな一手間

今日は衣料品を扱うショップ向けに、マネキンの着せつけのコツをお伝えします。
重ね着の仕方ではありません。

ただ着せただけなのに、よく見るとすごく恥ずかしいことになっているマネキンもちらほら見ます。

プロが見ると「もったいない。」「着せ付け方、ポージングを教えてもらってないんやなあ。」と思います。

「着せ付けって、マネキンの腕や足に服を通して服を着させたらいいんじゃないんですか?コツよりセンスの問題でしょ?」と思いますか?

確かに服のトレンドやコーディネートのセンスは重要です。
しかし、ただ着せて終わりではもったいないんです。

着せ付け方に気を配る理由

マネキンに服をただ“着せただけ”では洋服の魅力が100%お客様に伝わっていません。

これらを最後に実施するだけで、実際に着ているかのようにお客様にも着ている自分が想像しやすく購買に結びつきやすくなります。

特に女性は欲しくなかった服でも、無理やり理由を作って買おうとする傾向があります。

そういういう意味でも「この服を着た自分」「この服を着た未来」を想像させるようにするのは大事です。

自然なシワやフォーミングを出す

洋服のマネキンを使ったコーディネートで見せる時は「自然な服のシワ」が大切です。

センスのいいコーディネートを考えても着せつけが不自然だと魅力が半減します。

例えばジャケットなら人間が着用してしていると肘部分にシワができます。
なのに、肘部分にシワがないのは不自然です。

そして、手や腕が人間ではあり得ない角度で曲がっているとか、立てすぎた襟などは目立ってしまい逆効果になります。

よくない例

今は少ないかもしれませんが、布張りのボディで腕が自由に曲がるものは大抵肘の位置が下すぎます。
そして人間の肘は真横に曲がるのではなく、後ろに曲がっています。

自然なポーズのことをフォーミングといいます。

 

自然なシワとフォーミングはどこを見れば良いか

これは観察です。お客様を観察することです。
ショップに来られるお客様やショップの前を歩いている通行人などです。

雑誌だとわざとらしいポーズをわざわざとっていることがあります。

一番すぐにできるのは、服を着て、何かの作業をしたところを自分で写真を撮ることです。

着たばかりだと、シワもないので何かを持ってみる、抱えてみるなどすると、アウターの場合は自然なシワができます。

フォーミングとシワの出し方

このようにストンと落ちた袖よりは、

このように自然に肘が曲がっている方が人間らしいです。

そして、さらに自然なシワを作るとより生きてる人間ぽくなります。

この3枚の写真を見比べてください。服の素材感、光沢などの伝わり方が違います。

私は職業柄、長くマネキンと接していたのでこういうフォーミングやシワをついつい見てしまいます。

ここを見るだけで着せ付けが上手なショップか、売れるショップかだいたいわかります。

要は細部まで手が入っているか、商品に対する、またお客さまに対する思い入れがあるかがここからわかります。

私のアウターのシワとフォーミングの作り方

これは私がVMDを学んだ時に教わったやり方です。

①肘上部分を反対側の手でつまんで一度持ち上げます。

②ストンと力を入れずに落とします。

③肘を曲げ、自然なフォーミングにします。

 

いかがでしたか?

今日は自然なシワとフォーミングの作り方についてお伝えしました。

こんな簡単な一手間でアウターが1枚売れるのです。
是非すぐにやってくださいね!

売り場づくりコンサルタント・セミナー講師 整理収納アドバイザー

20年のイオンでの店舗経験と女性目線から大阪・神戸〜姫路間の小さなお店に「見せ方による売上アップ」のコンサルティングをしています。

ブログ更新情報はツイッターでお知らせしています。Twitter→kawachienne777
メルマガ→購読お申し込みはこちら

無料メルマガにご登録ください

VMDや売り場づくりに役立つこと、マーケティングの話、プライベートなどブログでは書けない裏話など不定期に配信していきます。
お気軽にご登録ください。
購読は無料です。
※携帯アドレスでは届きません。パソコンアドレスで登録をお願いします。