売り場づくりのための3つの原理原則ーお客さまの視線はどこに集まるのか?フォーカルポイント

 売り場づくりのための3つの原理原則

原理原則①人の目はどこを見ているのか?
原理原則②お客さまの視線はどこに集まるのか?
原理原則③お客さまが見やすく、さわりやすく、選びやすい場所は?

先回の原理原則①人の目はどこを見ているのか?に引き続き、今回は原理原則②お客さまの視線はどこに集まるのか?についてお伝えします。

フォーカルポイント

売り場やお店には、自然と視線の集中する場所があります。

それを「フォーカルポイント」と呼びます。

売り場作りにおいては、このフォーカルポイントに伝えたい商品や売り場のテーマを設けます。

フォーカルポイントの場所

フォーカルポイント探しはお店や売り場から出て、少し離れたところから見るといいです。

・売り場に入り、最初に目に入る場所
・意識せずに自然と視線が集中する場所
・売り場の中で一番目立つ場所

あなたのショップにもありますか?

フォーカルポイントの役割

あなたが素晴らしいVPを作ったとします。
しかしそのVPが、店舗奥などのお客さまから見えない場所にあるとどうでしょうか?

今はこんなテーマで商品展開をしている、これを見て欲しい、が伝わりませんよね?

VPはこちらで復習してくださいね。

売り場作りにおいて大切なことは、「ショップ・売り場として伝えたいメッセージを、お客さまの視線の集中する場所から発信する」ことです。

フォーカルポイントを邪魔する陳列

時々こんなショップを見かけます。

・VPの前にシングルハンガー(ハンガーに吊った服をかけてある什器)が置かれているお店。

・VPの周りがハンガーの檻(おり)や柵(さく)になっている売り場。

本来のフォーカルポイントがセール品や店内に出しきれなくなった服や什器で邪魔をされて見えなくなっています。

これでは本末転倒です。

VPをフォーカルポイントに置くことで、このショップ・売り場からこういうメッセージを伝えたい!がお客さまに伝わります。

それを視覚から受け取ったお客さまは初めて「あ、見てみようかな?」になるのです。

そうすることで見やすく、さわりやすく、選びやすい売り場となります。

まずは売り場のフォーカルポイントがどこにあるか知った上で売り場づくりをしていきましょう。

つくったあとは必ず“お客さまの目線”で通路から売り場を見ましょう。

次回は原理原則③お客さまが見やすく、さわりやすく、選びやすい場所は?についてお伝えします。

売り場づくりコンサルタント・セミナー講師 整理収納アドバイザー

20年のイオンでの店舗経験と女性目線から大阪・神戸〜姫路間の小さなお店に「見せ方による売上アップ」のコンサルティングをしています。

ブログ更新情報はツイッターでお知らせしています。Twitter→kawachienne777
メルマガ→購読お申し込みはこちら

無料メルマガにご登録ください

VMDや売り場づくりに役立つこと、マーケティングの話、プライベートなどブログでは書けない裏話など不定期に配信していきます。
お気軽にご登録ください。
購読は無料です。
※携帯アドレスでは届きません。パソコンアドレスで登録をお願いします。