【セミナー実施報告】美容室でVMDセミナーを実施しました

昨日は加西市内の美容室でVMDセミナーを実施しました。

始まる前の様子 男性がオーナーさまです

鏡を外し、白い壁をスクリーン代わりに

美容室の閉店後、最後のお客さまが帰られるのを待ちます。
その間に別室でプロジェクターを設置。
台形補正がないので美容室の雑誌をお借りして高さを出します。

こちらの美容室ではオーナー、スタッフ合わせて3人でこじんまりと、そしてじっくり、みっちり濃いセミナー時間を過ごすことができました。

VMDはアパレルだけの考えではない

「VMDは小売業やアパレルの考えではないんですか?」
「VMDとはディスプレイのことですよね?」

よく言われます。
しかし、VMDは視覚的販売戦略のことです。

お客さまの目に触れ、商品やサービスを販売する行為であればどんな業種でもVMDの考え方は適応できると私は思います。

売り込み接客なしで販売する方法を考える

こちらの美容院では仮説として「ヘアワックス」を「今月20%引きです!よかったら〜」というような超売り込み接客なしで販売する方法をセミナーとワークで考えました。

最初は興味津々、楽しみ〜とワクワクでしたが…

美容室でVMDを適用すると、のワークでは「う〜ん」と考え込んでしまわれました。

そりゃそうです。

今までVMDって聞いたことがなければ、お客さまがモノやサービスを購入する際に「購買心理」がある、なんて聞いたことがなかったからです。

VMDは視覚的販売戦略や販売活動のことです。

視覚に訴える。

美容室の中だけではなく商品・サービスを知る機会はありますね。
今の時代はありがたいことにスマホやパソコンで美容室の情報以外にも商品情報、特徴や流行り、人気、お客さまの感想などお知らせすることができます。

それって視覚に訴えることではありませんか?
そこからVMDは始まっています。

SNSは使いたくない、SNSは苦手、それならSNSを無理して使わない視覚に訴える方法を一緒に考えましょう。

昨日のワークでは優秀なスタッフから「おお〜っ!」という意見も聞くことができました。
それなら売り込み接客なしでも売れそうです。

経営課題を考える

セミナー終了後に感想をお聞きしながら現状の経営課題をお聞きしました。

オーナーがお悩みと思っていることも考え方を変えればそれは強みになり他店との差別化になります。

昨日はその場で一気に解決しました。

それ以外の根本的な課題が残るので「数値化」を提案をさせていただきました。
今月は「データを取る」約束をしました。
次にお伺いするのが楽しみです。

ありがとうございました!

VMDセミナーをお考えの企業さまへ

小型プロジェクターを持参しますので、プロジェクターがない小規模店舗もご用命ください。
このプロジェクターで先週200名規模のセミナーも大丈夫でした。
少人数〜大規模セミナー対応いたします。

セミナーご依頼はこちら

売り場づくりコンサルタント・セミナー講師 整理収納アドバイザー

20年のイオンでの店舗経験と女性目線から大阪・神戸〜姫路間の小さなお店に「見せ方による売上アップ」のコンサルティングをしています。

ブログ更新情報はツイッターでお知らせしています。Twitter→kawachienne777
メルマガ→購読お申し込みはこちら

無料メルマガにご登録ください

VMDや売り場づくりに役立つこと、マーケティングの話、プライベートなどブログでは書けない裏話など不定期に配信していきます。
お気軽にご登録ください。
購読は無料です。
※携帯アドレスでは届きません。パソコンアドレスで登録をお願いします。