あなたは競争店対策がすぐできますか?

この季節、着るものに困りませんか?
暑かったり寒かったりで…
私はまだまだ家の中では半袖Tシャツです。
動いてたら暑いし、家族で一人「暑い暑い!」と連呼しています。

秋物ってあると便利ですが、なくてもいけるかな?というくらい季節が短いです。
毎年秋物のカットソー買わないと、と思いつつ、なんとか半袖で過ごし季節が終わり結局買わずじまい…

なので今、長袖カットソーが超絶欲しい私です。

とにかく今すぐ着る長袖が欲しい!と思い、あちこち探しに出かけるんですよね。
私、パーソナルカラーがイエローベースのスプリングさん。
カーキやボルドーという、今店頭に並んでいるカラーのほとんどが私の顔色をくすませるアイテムなんです。
もう白かアイボリーしかないやん…笑

特にユニクロに置いてあるカラーは一年中似合わないカラーが多いんですよね。

色々お店を回っているうちに今年の服のトレンドは?みたいに脳内に浮かび、「しまむら」を見に行きたくなりました。

以前の仕事をしているときのしまむらは超「競争店」でした。

 

競争店とは?

競争店とは売上やお客さまを持っていかれてる(とられている)お店です。
最近になり自店(以前の勤務店舗)のすぐ隣に出現し、価格も自店より安い。

自店が前年度より売れてなかったら「しまむら見に行ってこい!」とすぐ上司が言います。

業務中にパートさんを連れて、お客のふりをして買い物しない「しまパト」をしていました。笑
「しまパト」=しまむらパトロール です。
何かいいアイテムないかな?と見に行くことです。

 

「しまむら」はこんなお店

「しまむら」は安いし、トレンドも扱っている全国でも人気のファッション店です。
私、個人的にはごちゃごちゃしていて好きじゃないですが、(ごめんなさい!)仕事上見には行きます。
ごちゃごちゃして、パンパンで取りにくいのになんで売れていると思いますか?

競争店調査という名のしまパトをしていると「しまむら」で扱っている商品にはある法則があることがわかりました。(これメルマガネタにしようかな〜今思いついた)

そして、似たような商品が売ってあってもそれは自店の商品とは比べ物にならないということがわかりました。

一見、競争店と見えるお店でも厳密にいえば競争店ではない。
でも自店にお客さまがいないことには変わりはない。
そしてたらやはりお客さまは「しまむら」で買っているのではないか。
という仮説になります。

仮説を立てたら検証です。

この辺からは内部事情でお話しできませんが、要は同じようなモノを売っているからと言って、競争店とは限らない、もしくは全く違う商品を売っていてもお客を取られているのであれば競争店になり得るということです。

競争店(お客さまが消費するところ)は他店かもしれないし、ネット通販かもしれない。 もしくは趣味にお金を使うようになったのかも…

 

『商品自体は競争店ではないが店としてお客が取られていたら結局競争店』

よっぽどお店の近所に住宅ができた・減ったとか社会情勢でも変わらない限り毎年の消費金額というのはそんなに変わりません。
前年度より客数が減っているのが事実ならば、お客さまがあなたのお店と違うところで買っている可能性があります。

まず客数を見てください。
お客さまが減っているということは何らかの理由で支持されなくなっているということです。
それを改善しなければいけません。
もし競争店の影響であれば競争店に打ち勝つ何か対策を考えましょう。

どこが競争店かを知り、売り方で勝つことはできます。

先ほど、自店の商品としまむらの商品は似ているけど全然違うと書きました。
この場合どちらかというと商品より売り方でした。

私のいた店は大きな会社の一店舗でしたので「こうしたら売れるのに〜」と勝手に仕組みを変えることはできませんでした。

あなたが経営されているお店はどうですか?
すぐに柔軟に「売り方を変える」ことに対応できますか?

 

競争店対策はできていますか?

「小売業は臨機応変」
以前の上司によく言われた言葉です。

「うちは昔からこうだから」
「そんな難しいことできひん」
「ネット?ついて行かれへんわ」

これでは敏感なお客さまはすぐよそのお店に行かれます。

「今来てくれてるお客さまだけで手いっぱい」

今のお客さまはいつまでも来られるわけではありません。
世代交代はいつかあります。

そうなった時、あなたのお店はどうなっていたらいいですか?

売り場づくりコンサルタント・セミナー講師 整理収納アドバイザー

20年のイオンでの店舗経験と女性目線から大阪・神戸〜姫路間の小さなお店に「見せ方による売上アップ」のコンサルティングをしています。

ブログ更新情報はツイッターでお知らせしています。Twitter→kawachienne777
メルマガ→購読お申し込みはこちら

無料メルマガにご登録ください

VMDや売り場づくりに役立つこと、マーケティングの話、プライベートなどブログでは書けない裏話など不定期に配信していきます。
お気軽にご登録ください。
購読は無料です。
※携帯アドレスでは届きません。パソコンアドレスで登録をお願いします。