フレンチのそれってお客さまが求めているものですか?

今日は久しぶりに夫とランチに行きました。
近所のフレンチレストラン。

イメージ

フレンチなのにリーズナブルで、3ヶ月に一度ほど食べに行きます。
本当にインテリアも素敵なお気に入りのレストランの一つです。
ランチは主婦のグループが多いです。

今日は久しぶりにこのお店にお邪魔しました。
すると、以前に比べカウンター席スペースが半分になっており、白い大きな冷蔵庫がどーんと置かれてありました。
よくアイスクリームが店頭で売られている業務用のものです。

こちらのお店、個人の飲食店で6年目になります。
今の時代、個人のお店でそこまで続けば優秀な方かな、と思います。
ランチはいつも満席な印象です。

お味はいいし、低価格でお客としては嬉しい限り。

しかし、2年ほど前から「お持ち帰り用○○」を始められました。
おいしいのですが、売れているのかどうかわかりません。

私としては、今からランチを注文する、という時に「お持ち帰り用の○○もあちらにありますのでよかったらどうぞ」と宣伝されるのがなんとも違和感がありました。

今日は巨大冷蔵庫を指しながら、「お持ち帰りの△△もありますのでよかったらどうぞ」と案内されました。
シュワルツなんちゃらのような…名前は思い出せませんが(思い出せない時点でアウトだと思う、検索もできないし)フレンチに使う食材です。

イメージ

なぜ違和感があるのか私なりに考えてみました。

・フレンチなので品位を求める、なのに向こうから宣伝してくるのが品位を落としているように思える
・雰囲気の良い空間に業務用冷蔵庫が合わないし、お客さまが食べているすぐ横にあるのがとても嫌

夫と食べに行くと悲しいことにいつもビジネスの話になります。
「また新しいこと始めたんやなあ。」

フレンチの味や見た目で十分だと思うのに、なんでどんどん持ち帰りメニューが増えて行くのかな?
食材が余るのかな?
ランチだけじゃ儲からないのかな?

そもそもこのフレンチレストランのコンセプトは??
・お客さまを喜ばせたい?
・フレンチの味を広めたい?
・儲けたい?

そんな私たちの勝手な妄想から、

「このお店の品位を下げずに儲けを出すためには」

なんて話になるのです。

 

こちらのお店、シェフも手が空いていたらテーブルの片付けなどもされます。お客さまに「いつもありがとうございます」など、声もかけておられます。

いつもお客さまでいっぱいなら食材を売らなくてもいいと思います。
お客さまはそのレストランへの「空間代」も含めお金を払っているのです。

家によっぽど高貴なお客が来る、などでない限りフレンチ用の高価な食材を買う人は少ないんじゃないかなあ、と思います。
(この近所は決してお金持ちの住宅街などではありません)

POPはあるのですが、提案が全くなし。
とても残念です。
一般の主婦が高額な食材を「よかったらどうぞ」の宣伝とPOPだけで買えないと思います。
お店は食材を上手に切ったり、盛り付けやソースで味付けしています。

私のような一般の主婦が高級食材を持ち帰ったとしても「さて、調理方法は?ソースは?盛り付けは?その前に似合うお皿ないやん…」です。

そのお店で食べるから価値があるのです。

そこに来られるお客さまがお店にさらにどんなことを求めているのか。

・食材を売って欲しい
・家庭でも同じような料理を提供できるようになりたい
・素敵な空間でお料理を楽しみたい

この3つでもやるべきことは異なってきますね。

もちろんお店はうまく経営できてこそなので、儲けも必要です。
しかしその前に支持してくださるお客さまあってです。
それを忘れないようにしたいですね。

売り場づくりコンサルタント・セミナー講師 整理収納アドバイザー

20年のイオンでの店舗経験と女性目線から大阪・神戸〜姫路間の小さなお店に「見せ方による売上アップ」のコンサルティングをしています。

ブログ更新情報はツイッターでお知らせしています。Twitter→kawachienne777
メルマガ→購読お申し込みはこちら

無料メルマガにご登録ください

VMDや売り場づくりに役立つこと、マーケティングの話、プライベートなどブログでは書けない裏話など不定期に配信していきます。
お気軽にご登録ください。
購読は無料です。
※携帯アドレスでは届きません。パソコンアドレスで登録をお願いします。